Contents
トップページ
DVD-Videoの基礎知識
動作環境
バックアップの手順
各種ダウンロード
DVDバックアップソフトの比較
FAQ
DVD Drive
DVDドライブ購入履歴
PLEXTOR PX-716A
I-O DATA DVR-ABN16W(NEC ND-3500A)
PIONEER DVR-A08-J
BenQ DW1600
I-O DATA DVR-ABH12W(日立 GSA-4120B)
PLEXTOR PX-712A
I-O DATA DVR-ABN8W(NEC ND-2510A)
NEC ND-2500A(FW:1.07改)
I-O DATA DVR-iUN8(NEC ND-2500A)
I-O DATA DVR-UEH8(日立 GSA-4082B)
I-O DATA DVR-UEP8(PIONEER DVR-107D)
±8倍速ドライブの比較
RATOC RS-U2EC5AL(ドライブケース)
ドライブの速度測定
DVD Media
1-4x DVD-R/RW
1-4x DVD+R/RW
1-8x DVD-R
1-8x DVD+R
1-16x DVD-R
1-16x DVD+R
DVD+R DL(2層メディア)
AppleのDVD-Rメディア
DVD Identifier
メディアが安く買えるネット通販のリンク集
メディアの検証
保存性能の検証
三菱 DTR85N1(DVD+R DL)の検証(1)
三菱 DTR85N1(DVD+R DL)の検証(2)
三菱 DTR85N1(DVD+R DL)の検証(3)
三菱 DTR85N1(DVD+R DL)の検証(4)
三菱 DTR85N1(DVD+R DL)の検証(5)
FUJIFILM(ボリュームパック・太陽誘電OEM)1-4x
TDK 1-4x(銀色レーベル・台湾産)
三菱1-4x(台湾産)
maxell 1-4x
UTOBIA 1-8x(Prodisc)
メディアサービス Made in Japan
BeALL(1)
BeALL(2)
メディアエンポリアム
UNIFINO(INTERMEDIA)
radius(OPTODISC)
RiDATA 等倍(RiTEK)
RiDATA 1-4x(RiTEK)
iomega 1-4x(Prodisc)
MediCool 等倍(GigaStorage)
MediCool(Prodisc)
MediCool(DVSN)
Mr.DATA(CMC)
PROMEDIA(LEADDATA)
Xdisk(PRINCO)
LG電子 1-4x
K's CD/DVD Probe
DVD Tips
B's Recorder GOLDでライティングライティング
Nero 6(Nero Express)でライティング
Sonic RecordNow!でライティング
Drag'n Drop CD+DVD4でライティング
ISOイメージのライティング
イメージ(ISO)の作成
VobBlankerの解説
DAEMON Tools
AnyDVD
フリー再生ソフト

DVD Decrypter
ダウンロード〜インストール
各種設定
リッピング(FILEモード)
リッピング(ISO読み込み→書き込み)
DVD Shrink
DVD Shrinkとは?
DVD Shrink3.2.0(英語版)の基本設定
DVD Shrink3.2.0.16(日本語版)の基本設定
DVD Shrink 3.2.0.16(日本語版)で片面2層→1枚のメディアにバックアップ
「Quality Settings」での処理時間の比較
DVD Shrink(旧バージョン)
DVD Shrink3.1.2の概要
DVD Shrink3.0 Beta 5の概要
Tips (1)
Tips (2)
片面2層→1枚のメディア(メニュー/特典有)
片面2層→1枚のメディア(メニュー/特典無)
片面2層→メディア2枚に分割してバックアップ(本編のみ)
複数のDVD-Videoからベスト版を作成
PANDORA DVD Z
PANDORA DVD Zとは?
片面2層→1枚のメディア(メニュー/特典有)
片面2層→1枚のメディア(任意の映像・音声・字幕をカット)
複数のDVD-Videoを1枚のメディアにバックアップ
InstantCopy 8
InstantCopy 8(無限DVD)とは?
片面2層→1枚のメディアにバックアップ
PDI→ISOに変換
PDI→DVD Video規格に変換
DVD Copy Platinum
DVD Copy Platinumの概要
片面2層→1枚のメディアにバックアップ
片面2層→メディア2枚に分割してバックアップ
DVD-Video→MPEG-1、MPEG-2、DivXに変換
Nero Recode 2
Nero Recode 2の概要
片面2層→1枚のメディアにバックアップ
Clone DVD
Clone DVDの概要
片面2層→1枚のメディア(メニュー/特典有)
片面2層→1枚のメディア(本編のみ)
DVDFab
片面2層→メディア2枚に分割してバックアップ (メニュー・特典有)
片面2層→メディア2枚に分割してバックアップ (本編のみ)
Super DVD Zcopy
Super DVD Zcopyの概要
片面2層→メディア2枚に分割してバックアップ(1)
片面2層→メディア2枚に分割してバックアップ(2)

DVDバックアップガイド
DVD Shrink 3.2.0.16(日本語版)のインストールDVD Shrink 3.2.0.16(日本語版)の基本設定片面2層→1枚のメディア(メニュー/特典有)片面2層→1枚のメディア(本編のみ)DVD Shrink Ver3.2.0の新機能「Quality Settings」での処理時間の比較トップページ
 
 
DVD Shrink Ver3.2.0.16(日本語版)でバックアップ(片面2層→メディア1枚編)
使用バージョン:DVD Shrink 3.2.0.16 日本語版 ※DVD Shrink 3.2.0 英語版での解説はこちら
 
DVD Shrink Ver3.2.0.16(日本語版)を使用して片面2層DVD-Videoのバックアップ方法を解説します。まず、任意のドライブに適当な名前でフォルダを作成します。下記の例ではGドライブ直下に「TEST」というフォルダを作成し、その中に「DVD」というフォルダを作成しています。
↑ここで作成したフォルダが変換後のファイルの出力先となります。出力先はハードディスク内のどこでも構いませんが(マイドキュメントの中など)、出力されたファイルは4GBを超えるので空き容量が十分なドライブを使用して下さい。
 
続いてバックアップ元のファイルを開くわけですが、ディスクから読み込みをするとエラーが出る場合があるので、あらかじめ全てのファイルをDVD DecrypterでHDDにリッピングしておくことを強くお勧めします。掲示板でも度々繰り返される質問ですが「解析中にエラーが出る場合はDVD Decrypterを使用するように」とDVD Shrinkのヘルプにも書いてあります。下記はヘルプからの抜粋です。

「もっとも多い共通の問題はリードエラーやコピープロテクションエラーです。このような場合、通常、 DVD Decrypter を使用すれば、問題は解決します。」
 
ということなので、ここでは直接ディスクから開かずにローカルに保存してあるリッピング済みのファイルを使用した例を解説しています。※ディスクから直接開く場合は「ディスクを開く」をクリックします。
 
 
↑DVDの解析が始まります。簡易的な解析なので数秒〜長くても数分で終了します。
 
解析が終了すると上記の画面が表示されます。このサンプルの場合、全てオリジナルのまま(フルバックアップ)の設定では指定容量の4,464MBに対して5,047MBとなってしまいサイズがオーバーしてしまいます。そこで、指定したサイズ以下になるように、不要な音声や特典等を削除します。
 
「DTS 5.1-ch」という音声は5.1chサラウンドシステムの規格ですが、DTS音声を再生するためには専用の機器が必要なため、サラウンドシステム(ホームシアター等)の環境が無い方にとっては必要のない音声なのでチェックを外して削除しましょう。 左記の例ではDTSをカットすることにより4,464MBに収まるようになりましたが、さらに容量を減らすために日本語吹き替え版の音声も削除しています。不要な音声は容量の無駄になりますのでお好みでカットして下さい。
 
圧縮率(比率)の設定について
非圧縮:無圧縮(圧縮はしない)
自動:全て自動で設定する
カスタム:個別に圧縮率を設定する
スティルイメージ:0.5秒間隔の静止イメージに置き換える(画面が1.5秒間隔でコマ送りになる)
スティルピクチャー:ダミー画像に置き換える

初心者の方は自動設定で問題ないと思いますが、例えば特典映像の圧縮率を高めて、本編の圧縮率を下げる場合などは「カスタム」を選択し、お好みで設定して下さい。
 
スティルイメージについて
DVD Shrink 3.2の新機能として不要なタイトルを削除してダミー画像と置き換える機能も搭載されました。オリジナルのメニューを維持したまま不要なタイトルを削除したい場合には「スティルイメージ」を選択します(ダミー画像は自作の画像も使用可能)。但し、この機能を使用すると、例えば40分間のタイトルを削除した場合に、置き換えたダミー画像も40分間表示される仕様になっているようなので、サイズを減らす目的には有効ですが、現時点ではあまり実用的な機能ではないかもしれません。※デフォルトのダミー画像はこちら。

ということなので、不要タイトルの削除はVobBlankerを使った方がよいと思います。
 
↑全ての設定が終了したら「バックアップ!」をクリックします。
 
変換後のファイルをハードディスクに出力する場合の設定
続いて上記のダイアログが表示されますので、赤枠内の「参照」をクリックしてファイルの出力先を指定します。青枠内の「VIDEO_TSとAUDIO_TSフォルダを作成する」にチェックを入れると「VIDEO_TS」と「AUDIO_TS」という2つのフォルダが自動時に作成されます。
 
この例では、変換後のファイルをハードディスクに出力していますので、ファイルの出力先を先ほど作成した「DVD」という名前のフォルダに指定しています。
 
Neroを使用する場合の設定(変換後のファイルを直接メディアに焼く場合) ※Nero Burning ROM(Nero Express)がインストールされていなければこの機能は使用できません。
変換後のファイルを直接メディアにライティングする場合は、ドライブにブランクメディアをセットし、書き込みを行うデバイスを選択します。
 
ISOイメージで出力する場合の設定
変換後のファイルをISOイメージファイルで出力します。

参考資料
■DAEMON Toolsでマウントして再生する
■ISOイメージのライティング
 
ISO イメージファイルを作成しDVD Decrypterで書き込む場合の設定 ※DVD Decryperがインストールされていなければこの機能は使用できません。
変換後のファイルをISOイメージで出力し、DVD Decryperでメディアにライティングします。
 
DVDリージョンの設定
リージョンはフリーでもOKですが通常は「2」に設定しましょう。※その他のリージョン(1、3、4、5、6)にしてしまうと国内向けのPCやプレステ2、家電DVDプレーヤー等でリージョンエラーになり再生ができなくなるので要注意。
 
品質の設定
「Deep Analysis(詳細な解析)」を使用する場合は赤枠内の「品質を向上させるため、バックアップ前に詳細な分析を実行する」にチェックを入れます。変換前に詳細な解析を行うため処理に時間はかかりますが、指定サイズにほぼピッタリ収まる+画質が向上、という大きなメリットがあるのでDeep Analysisは必ず使用しましょう。

Deep Analysis(詳細な解析)とは?(ヘルプより抜粋)

詳細な分析 オプションは DVD を 2 pass でエンコードします。これにはそれなりに長い時間を必要としますが、下記の効果をもたらします。

1. バックアップ DVD の様々なシーンを隅々まで、よりよい配分で圧縮させることができるので、ビデオ品質の向上が望めます。
2. バックアップ DVD の出力サイズをより確実なものとします。

このオプションは、既に詳細な分析 を実行済みの同じ DVD をに対しては無効になります。DVD Shrink は前回の分析結果を記憶していますので、再度実行する必要がありません。このオプションは圧縮の必要が無い場合にも無効になります。

 
新機能「AEC(高品質適応性エラー保障機能)」について
DVD Shrink Ver3.2より画質に関する4つのオプションが追加されています。デフォルトでは「シャープ」になっていますが、どれが一番綺麗に仕上がるかはバックアップ元の素材次第なので、ご自身でいろいろと試されることをお勧めします。 ざっと使ってみた感じでは、

圧縮比が低い場合:シャープ、または、Maxシャープネス
圧縮比が高い場合:スムース、または、Maxスムースネス

とりあえずこんな感じだと思いますが、やはり素材により大きく違ってくるように思うので、実際に試してみないことには何とも言えません。

参考資料
■DVD Shrink Ver3.2.0の新機能「Quality Settings」での処理時間の比較
 
オプション
上記のオプションはお好みで設定します。
 
書き込みの設定 ※ファイルの出力先を「ハードディスクフォルダ」に設定している場合は、下記の設定は不要です。
ボリュームラベルは適当な名前でOKです。書き込み速度はドライブと使用するメディアの速度に依存します。この例では1-8倍速対応メディアを使用しているため「8x」を選択しています。DVD+R/+RWディスクのBook TypeをDVD-ROMに書き換える場合には「Book TypeをDVD-ROMにする」チェックを入れます(要ROM化対応ドライブ)。
 
各種設定が全て完了したら「OK」をクリックすると変換が開始されます。上記は変換中の画面です。終了まで待ちましょう。処理時間はPC環境により異なりますが、
 
↑変換が終了すると上記のダイアログが表示されます。
 
↑変換が終了すると、ファイルの出力先に指定した「DVD」というフォルダの中に「VIDEO_TS」と「AUDIO_TS」という2つのフォルダが作成されています。※DVD Shrinkで変換されたファイルは「VIDEO_TS」という名前のフォルダに出力されています。

あとは、PowerDVD等の再生ソフトを使って、きちんと再生されるか確認します。PowerDVDの最新バージョンではIFOモードが搭載されているので、VIDEO_TS.IFOを開けば再生されるはずです。ブロックノイズが発生していないか、メニューがきちんと動作するか、画質は満足できるレベルか、等をチェックしてOKであればライティングソフトでDVD-R/RWやDVD+R/+RW等のDVDメディアに焼きます。以上で作業は完了です。

参考リンク
B's Recorder GOLDでライティングライティング
Nero 6(Nero Express)でライティング
Sonic RecordNow!でライティング
Drag'n Drop CD+DVD4でライティング
 
※ISOイメージで出力した場合
↑変換が終了すると上記のダイアログが表示されます。
 
↑出力先に指定した場所にISOイメージファイルが作成されています。これで作業は終了です。

参考資料
■DAEMON Toolsでマウントして再生する
■ISOイメージのライティング
 
※ISOイメージファイルを作成しDVD Decrypterで書き込む場合
↑変換が終了すると自動的にDVD Decrypterが起動します。ブランクメディアをドライブにセットして赤枠内のアイコンをクリックすればライティングが開始されます。※書き込み速度はドライブと使用するメディアの速度に依存します。この例では1-8倍速対応メディアを使用しているため「8x」を選択しています。

DVD Shrink 3.2.0.16(日本語版)のインストールDVD Shrink 3.2.0.16(日本語版)の基本設定片面2層→1枚のメディア(メニュー/特典有)片面2層→1枚のメディア(本編のみ)DVD Shrink Ver3.2.0の新機能「Quality Settings」での処理時間の比較トップページ
 
Copyright © 2003-2004 DVD Backup Guide. All Rights Reserved.