『木を隠すには森の中』(2000.08.22)

 商店街の盆踊り大会、その夜である。

「んんーこの味、高校時代に経験しておきたかったぜ」
 ビールのショットボトル片手に、浴衣姿。今年二十歳の藤田浩之は、大きく伸びをした。さすがに一本ではほろ酔いにすらならない。
「程々にね」
「飲み過ぎは体に毒ですよー」
 彼の左右に同じく浴衣姿の神岸あかりとマルチがいる。周囲から見れば両手に花なのだが、浩之本人に言わせると、 続きを読む →

『Meet again』(1999.07.20)

 梅雨も過ぎ、本格的に暑くなったとある大学構内にて。
「かぁーたりぃ~」
 大学生、藤田浩之はプリントやらテキスト、ノートの入ったクリアケースを肩に載せながらぼやいていた。今日の講義は全て終わって、これから帰ろうかと校舎を出たところである。
「なんか大変そうだね。浩之ちゃん」
 同じ授業を受けていて、彼の隣を歩いている神岸あかりがそう言った。 続きを読む →