『七色の人形遣いの失敗』(2006.12.17)

 大晦日も迫ったある日の夕方、魔法の森のマーガトロイド邸に、炬燵を囲む三人の少女の姿があった。ひとりは博麗神社の巫女、博麗霊夢。もうひとりは魔法の森の魔法使い、霧雨魔理沙。そして最後はこの家の主、アリス・マーガトロイドである。
 所謂ひとつの、お茶会であった。
「それにしても……」
 と、リビングに無理やり設えた――魔理沙が持ち込んだとも言う――炬燵の天板を撫でながら、アリス。
「炬燵って、佳いものねぇ……」
 その独特の魅力に呑まれたのか、目が何処かとろんとしている。
「だろう。幻想郷が生み出した、文化の極みだぜ」 続きを読む →

『霊霊刀、妖魔刀 ~続・春霞の人形』(2006.12.05)

「こんにちは」
 ある晴れた日の午後、マーガトロイド邸に響く魂魄妖夢の声に、家の主であるアリス・マーガトロイドは軽く首を傾げた。
 妖夢のほかに、微弱ながらもうひとつの気配があったためである。
「開いてるわよ。今キッチンに居るわ」
 正体不明の気配とは言え、妖夢と一緒に居るのだ。害を与える者ではないと判断し、アリスは少し大きめの声でそう返答した。丁度焼き菓子の仕上げに入っていたので、火元から離れたくなかったというのもある。
「わかりました。そっちに行きます」
 案の定、足音はふたつであった。但し、ただの足音ではなく片方が随分と体重が軽い。しかも、この軽さには……覚えがある。
 と、足音は戸口まで近づいて、
「お邪魔します」
 妖夢が顔を出した。続いて――、
「……あら」 続きを読む →

『紅白、白黒、ふたつの華』(2006.11.06)

 博麗霊夢が身罷ったのは、とある穏やかな春の日であった。
 死因は老衰で、彼女の正確な年齢など誰も知らなかったが、文句無しの大往生であったことは確かである。
 最期を看取ったのは、彼女に呼ばれて博麗神社に来ていたアリス・マーガトロイドで、奇しくもその少し前に霧雨魔理沙の最期をも看取っていた彼女は霊夢最期の言葉、『ありがとう』聞くことにもなってしまったのであった。
 この日、幻想郷は喪に服した。 続きを読む →

『春霞の人形』(2006.10.05)

 階の下に辿り着き、溜め息を吐く。
 幻想郷は今、春の盛りである。この辺りもそうらしく、目の前にある石造りの階段の両脇には、薄桃色の桜の花が咲き誇って居た。
 階段の先は、霞がかっていて見えない。
 かつての友人曰く、あまりに多くて数えるのを途中でやめたという程の長さを誇る段数であるが、それにしても不自然な濃さの霞である。
 だが、此処では不自然が自然なのかもしれない。幻想郷を基準に出来ないからだ。

 冥界。白玉楼へと至る、大階段。 続きを読む →

『博麗神社で昼食を』(2006.08.20)

 その日は、記録的な猛暑であった。
「あぢい……」
 後に『文々。新聞の主筆、暑さにやられ湖に墜落』という見出しの新聞がばら蒔かれる程の直射日光を博麗神社の庇で避けて、心底参ったといった風体の霧雨魔理沙がそう呟いた。
「だらしがないわね、これくらいの暑さで」
 と、魔理沙と同行していたアリス・マーガトロイドがそう窘める。
「というかね、服を着なさいよ、服」 続きを読む →

『モノクロームの終焉』(2006.02.21) 

「ヴワル魔法図書館で棚から魔道書を奪おうとした時に落ちた?」
 自室のベッドでうつ伏せになっている霧雨魔理沙に、アリス・マーガトロイドは心底呆れたように呟いた。
「奪うじゃない。借りる、だ。……痛てて」
「私は結果の話をしてるの。まったく、その年で腰痛なんて早すぎるわよ。というか飛びなさいよ」
「後もうちょっと落下距離が長ければ飛べたんだよ。それに腰痛を気にした方が良いのはアリス、お前の方だぜ」
「お生憎様。私はもう腰痛がどうこう言う歳すら越えているわ」
 乳鉢に薬草、香り付けにハーブを入れて磨り潰しながら魔理沙の皮肉など何処吹く風で、アリス。
「畜生、羨ましい……。私も妖怪になるか」
「――やめときなさい」
「なんでだ?」 続きを読む →

『アリス・マーガトロイドの災難?』(2005.06.17)

「う゛~」
 毛布を口許まで寄せて、アリス・マーガトロイドは小さく唸った。
 現在彼女を襲っている感覚は、頭痛、軽い嘔吐感、そして熱。――要するに、風邪である。読書をしていたら、急に文字が踊り出したので嫌な予感はしていたのだが、いかんせん滅多なことで風邪を引かない体質故、油断してしまったのだ。
 時刻は間もなく正午になろうとしている。
「困ったな……」 続きを読む →