『いまさらながらの、岡崎家』(2018.02.17)

「なぁ岡崎、僕らって友達だよね」
「えっ」
「『えっ』ってなんですかねぇ!?」
「えっ」
「汐ちゃんまでその反応なの!? 地味に刺さるんだけどそれっ!」
「いやだってお前、渚よりつきあい長いのに……なぁ、汐?」
「うん。ずっと、ともだちだとおもってた……」
「あれ? これ僕がダメな質問しちゃったやつ? 嬉しいけどなんだか複雑!」
「なんだか、かわいい……」
「——汐、あした藤林のところにいくぞ。春原が可愛く見えているんならちゃんと診てもらわないと」
「あんたなにひどいこといってるんですかねぇ!?」
「えっ、お前自分がかわいいと思っているのか?」
「思っているわけないじゃん!?」
「かわいいのに……」
「褒めてくれるのは嬉しいけどね、汐ちゃん。でも僕に惚れちゃダメだぜ?」
「うん。それはない」
「だよな。汐」
「うん」
「あんたら本当に父娘ですねぇ!?」
#key版深夜のお絵描き60分一本勝負

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です